fw0466_01.jpg

概要/沿革 東京湾大華火祭/東京湾花火大会

概要/沿革 東京湾大華火祭/東京湾花火大会

例年、東京湾大華火祭実行委員会、中央区が主催。
打ち上げ花火数は述べ12,000発。
晴海主会場(入場整理券必要)のほか、
・晴海第2会場
・第3会場
・豊海運動公園会場(入場自由)
・ほっとプラザはるみ会場
・日の出会場(個人協賛会場)
・水上エリア(観覧船)

↑ の各会場で観覧するのが一般的。

1990年代前期までは花火以外にも有名歌手のステージも行われていたが予算面で廃止。
現在は花火のみに。

晴海主会場への入場整理券は
⇒毎年7月上旬から葉書とインターネットで募集を開始(7月中旬〆切)。
しかしながら抽選は中央区民が優先される。
ゆえに7月中に整理券が届かない場合は落選ということで。
晴海主会場に入場できない場合。
⇒晴海第2・第3などの周辺会場からの観覧。
各会場とも入場制限があり、満員になり次第締め切りとなる。
その場合はベイエリア内各スポットからの観覧となる。

* 「ほっとプラザはるみ会場」と「日の出会場」は
個人協賛者のための会場。
一般入場客の観覧は残念ながら不可。

当日実施の可否は天候により決定。
(当日中止の場合は翌日順延、翌日も中止の場合は中止)
可否については文化放送(ラジオ)で10時57分に告知、
Ginza'RADIOCITY(84.0MHz)でも午前10時から毎正時前にスポット告知する。

開催当日は
・東武東上線
・小田急多摩線
・小田原線
・東京メトロ千代田線
・西武池袋線
・東急田園都市線
・東京メトロ半蔵門線(永田町駅で乗り換え)
・東急東横線・東急目黒線
・埼玉高速鉄道線
・東京メトロ南北線から東京メトロ有楽町線へ
・各線、臨時列車が運転されるが中止になると運休。

翌日の運転もなし。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49418183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。